最近、いつも使っているロールガットが切れました。

エッグパワーの細ゲージを使っていたのですが、次は何にしようかと考え中です。

これまではエッグパワーが最強だと信じて疑っていなかったのですが、そもそもエッグパワーは発売してから結構年数が経ちます。

一方で、新しいもの好きで最新のものこそ性能が高いという考えもある自分としては、エッグパワーを上回るがガットを探そうと思います。

しかし今までも数多くのガットを試してきました。友人に薦められたが自分に合わないものも多くありました。ポリプラズマとか。

なので選ぶときの指標を自分の中で決めるようになりました。それはガットに限らず、ラケットやシューズといったテニスギア全てにおいてです。

スポンサーリンク







テニスギアを選ぶときの指標

「自分の使いやすいものを選ぶ」というのが当たり前でベストです。

んで、自分の使いやすいものって?

そこを掘り下げたとき、僕のなかでは「自分の長所を伸ばし、短所を補ってくれる。なおかつ快適な使用感。」という結論に至りました。

エッグパワーに例えてみると、スピンが自然とかかってくれるのでフラット系で叩く僕からしたらアウトを減らしてくれます。(短所を補う)

なので思い切り叩くことができます。(長所を伸ばす)

打球感はしっかり食い付いて、ちゃんと弾いてくれます。これも僕好みの打球感です。(快適な打球感)

ガットで例えましたが、ラケットやシューズも同じです。

今僕が使っているラケットはYONEXのV CORE ToueF97です。振り抜きの良さやハードヒット時のコントロール性、何よりもサーブ力が体感できるほど上がったのが決め手でした。

正直、追い込まれたときのリカバリー性能は以前使っていたBabolatのピュアコントロールの方が上でしたが、それは自分の実力で頑張ろうということに笑

シューズはBabolatのプロパルスBPMです。少しタイトな履き心地ですが、サイドが強く切り返しの時も安心して踏ん張れます。クッション性もgood!色も派手でカッコイイです(主観)

結論

ラケット:振り抜きの良さ、サーブ力。

ガット:食い付きと反発、スピン性能。

シューズ:クッション性とサイドの強さ、自分の足幅に合ったもの。できればデザインも!

別の指標

僕は1人のプレーヤーとして、上記のようなテニスギアを選ぶ指標を設定しています。

自分のパフォーマンスレベルを引き上げてくれるものが良いんですよね。

でもこれは僕の主観で、そうでない方も多くいます。

スクール生の主婦の方々はそういった性能というよりも、見た目で選ぶ人が多いようです。

新しく買った服を買うときに出かけるのが楽しくなるのと同じように、自分の気に入ったデザインのテニスギアを身に纏うことでテニスをより楽しむことができます。

特に初心者や軽い運動目的でテニスを楽しんでいる層ですね。これはこれでテニスの楽しみ方のひとつなので良いですね。
(実際、僕もウェアは機能性はもちろんですが、デザインも重視して買います。)

そういった初心者の方々がテニスというスポーツにハマっていき、試合に出始めるといよいよ性能の事も考えてテニスギアの購入をするようになります。

テニスギアを選ぶ楽しさ

僕はもともとオタク気質なところがありまして、中学生のころはメーカーカタログを読み漁るのが好きでした。

「こんな新しい技術が出たんだ」「実際どうなんだろう」「使ってみたい」

HEADのフレックスポイントとか出た時はウキウキでしたねぇ。しみじみ。

テニスの楽しさはプレーだけにとどまらず、こういったテニスギア選びも楽しさのひとつです。

ラケット、ガット、シューズ、ウェア。グリップや振動止めなどの小物もそうです。

それぞれ各メーカーが目新しい機能を開発して出していて、その中から自分にとって最善のものを選ぶ。そしてテニス仲間とあーだこーだ議論したり。

ガットまとめというサイトを運営していますが、テニスギアに興味の無い方もテニスギア選びにもっと興味を持ってもらい、もっとテニスを楽しめるようになってもらえたら嬉しいですね。